ちゃぶ台

本格的ちゃぶ台に自作しようかと思ってましたが 「簡単なのでいい」と

発注人息子からの要望でまさしく簡単な、ちゃぶ台

(丸テーブル)を自作することとなりました(笑

まずは、大型コンバス(持ってないので糸と鉛筆)で 丸を描きます。

天板の直径60センチ也!息子の部屋で 完成後使用するため

注文者(息子)の意向で60センチサイズと しました。

では、円形に描けてたところで円形に沿って

大胆にも普通のノコギリで切りだし開始です。

急ぐことはありません!ゆっくり丁寧に慎重に!

円形って難しいと思うでしょうが、よっぽどノコギリで

直線を切り出すほうが難しいと思ってます。

円形を完璧に切り出すのではなく円形っぽく切り出せればOK!

後は、ヤスリで微調整すればほぼ円形になるものね!

息子ひで君にも役割を与える(笑

自分の持ち物になるのだから念入りに”やすりがけ”をいてします!

共通の目的(完成)に向かって!

天板裏の仕切り板の製作途中です。だんだん形になってきました!

主な製作は、たけし

やすりがけ、ひで君

ニス塗装は、みえ

でと思ってます(笑

では、丸テーブルと、ちゃぶ台の足との接合部分です。ネジ式です。

ネジ式なので使用しないときには、足の部分をはずすことも出来ます。

四隅をネジ式の足取り付けたところです。

ほぼこれで7割出来上がりです。

とりあえず、出来上がり具合を確認するため、

「ちゃぶ台」を仮に組み立ててみました。

心配していた歪みもなく我ながら上出来です!

ほぼ予定通りです(笑

もう ひとひねり工夫が必要です。テーブルとして使用しないときには

テーブル足の収納をと思ってます。テーブル下の仕切り板の裏側に

収納する予定です。マジックテープで収納固定する

実は、仕切り板を設置したのも、テーブル足を収納する目的だったのです!

で、今後の予定は、全体をニス塗り前のヤスリ掛けと

ニス塗り(こげ茶色ぽく着色 2~3回程度重ね塗り)

足収納のためのマジックテープ設置なのだ!

息子 ひでくんに先ずは、ニス塗りをお願いする(笑

大丈夫!まだ初回塗りだから!

第1回目の塗り完了じゃぁ!

昔風に茶色に塗って雰囲気も出てきました!

とりあえず90%完成です。

まだ、一度塗りなので塗りムラがありますが再度やすり掛けして2度

ぬりして仕上げていきたいと思ってます。

3回目のヤスリ掛け 2度目のニス塗り完了で95%完成しました。

昔風の色合いで、「ちゃぶ台」家族の反応も上々です!

あとは、使用しないときの脚部分の収納機能を考えれば完成の運びです。

でも明日から当分仕事が続くので残りの5%は先の話ですがね(笑

とりあえず息子ひで君の部屋にてちゃぶ台使用開始予定です!

ちゃぶ台で思い出すシーン。。。。
少年時代、皆様ご存知の『巨人の星』って 野球テレビアニメがありましたよね。
アニメの中で、飛馬が大リーグボール養成 ギブスを父親に刃向かって外したために
一徹が激怒して、食事している最中にも かかわらず「ちゃぶ台」をひっくり返すって
いうシーンが今でも思い出されます。 で、あのシーンは不思議とあの頃の年代の
少年少女はよく覚えているものですわ。 アニメでは、たった一回だけのシーンなのにね!
誰にも怒りをぶつけられない時などで、一度でいいから、 自分で「ちゃぶ台」を
ひっくり返してみたいと。。。そう思ったのは、「たけし」だけでしょうかね(笑
だけど実際には、後の片付けることを考えると理性が働いて出来ないんだよねぇ(笑

最近では、「ALWAY三丁目の夕日」で茶川商店の
居間に「ちゃぶ台」がありましたね! 「ちゃぶ台」で漫画読んだりしてましたね!

ちゃぶ台の由来は、
中国で食事するときに使用する食事卓(卓袱)から由来だそうです。
中国の言い方で「シッポク」「チャフ」と発音とのこと。

いずれ本格的な昔風の「ちゃぶ台」や「囲炉裏テーブル」製作に挑戦してみたいものです。